『サンデー毎日』の特集に掲載されました

『サンデー毎日』(2017年10月1日号)の特集「学習塾がイチオシの一貫校」で今年もトキワ松学園がランクインしました。この特集は学校選びのエキスパートである学習塾の塾長・教室長の方へのアンケート結果で、受験生・保護者の皆さんにとって志望校選びの参考となるものです。

今年は「(塾の先生として)生徒や保護者に勧めたい」で4位(女子校では1位)、「面倒見がよい」で8位という評価をいただきました。このような結果をいただいたのも、お預かりした生徒一人ひとりを大切に育ててきたからこそと、これからもトキワ松学園らしい教育活動を充実させていきます。

2018

なお、大学通信刊『私立中学校高等学校受験年鑑』では2014年から2016年に同じく塾の先生に実施した3年分のアンケートを集計した一覧が掲載されています。こちらでも以下のように多数ランクインしています。どうぞトキワ松学園の教育にご期待いただき、説明会等へいらしてください。

図書館が充実している  2位
面倒見が良い  13位
入学時の偏差値に比べ、大学合格実績が高い  29位
伸び伸びとした教育を行っている  17位
理数教育に力を入れている  24位
※ 塾の先生が首都圏の約350校から選んだアンケートです

校魚「だんギョ松」が都立大学駅に登場

01

東急東横線の都立大学駅にトキワ松学園のスクールフィッシュ「だんギョ松」がお目見えしました。

「スクールフィッシュ(校魚)」とは、あまり聞きなれない言葉ですが、金魚博士としても有名な本学園の岡本信明理事長(前東京海洋大学長)が、教え子のさかなクンにお願いして開催された『さかなクンvs金魚博士』の講演会において、「トキワ松学園のスクールカラーにちなんで緑色で可愛いお魚をスクールフィッシュにしよう!」とさかなクンに提案し、さかなクンから「是非!ダンゴウオちゃんを!」と下にあるイラストを描きながら決めてもらったものです。

02

ダンゴウオは2~3㎝の団子のような魚で、東京湾にも生息しています。さかなクンはダンゴウオの聖地とも言われる宮城県南三陸の海に毎年ダンゴウオに会いに潜りに行かれているそうですが、東日本大震災の年に変わり果ててしまった海の中で、お腹の吸盤でしっかりと岩にくっついているダンゴウオの姿を見て、その生命力の強さと愛くるしい姿に感動し、スクールフィッシュにふさわしいと説明してくれました。

その後、学園内でこのイラストのダンゴウオに愛称を募集。集まった148点の中から選考した結果、「だんギョ松」に決定しました。命名式にはさかなクンも駆けつけ、優秀作品の表彰を行いました。

これからも学園のシンボル「だんギョ松」が活躍していきますので、お楽しみに!

03