ユネスコスクール加盟のお知らせ

UNESCOSchool

トキワ松学園中学校高等学校は、このたびユネスコスクールへの加盟を認められました。本校がこれまで行ってきた異文化理解活動・国際交流活動が、認められた結果です。ユネスコスクールは、ユネスコ憲章に示された理念を学校教育で実践する共同体として発足し、世界180カ国で約9500校が加盟しています。日本では約800の幼稚園、小・中・高等学校及び教員養成学校がユネスコスクールのネットワークに参加し、ユネスコの理念の実践、持続可能な開発のための教育(ESD)の推進を行っています。

本校は独自の英語科授業である高校の「グローバル・スタディーズ(GS)」および中学の「リスニング・アンド・スピーキング(LS)」を中心に、環境、人権、貧困、児童労働、飢餓、南北問題、女性の権利など多岐にわたるテーマを英語で学び、地球規模的視野を養うとともに、ディスカッションやプレゼンテーション活動を通じて、生徒の論理的思考力を育ててきました。また、イギリス、アメリカ、オーストラリアでの海外研修、国際交流部による留学生や地域の外国人の方との交流、およびインドネシアやロシアの学校との交流など、体験重視の活動を多く取り入れ、自ら考える力と国際感覚の醸成を図っています。

また、本校生徒会(校友会)と国際交流部が中心となり、文化祭でフェアトレード商品を販売し、その売り上げは「すみれ基金」としてギニアビサウでの女子教育やガーナの児童労働撤廃に役立てられているほか、目黒ユネスコ協会を通じて書き損じ葉書回収キャンペーンに全校を挙げて参加するなど、地球規模の問題の解決に向けて、自分たちができることに取り組んでいます。

本校は、目黒ユネスコ管内で唯一の中等教育ユネスコスクールとして、地域の国際交流の活性化と、校内外でユネスコの理念や価値観を広める拠点となり、世界の平和および持続可能な開発のための教育をこれからも実践します。

ユネスコスクールについては → こちら
トキワ松学園の英語科プログラムについては → こちら
トキワ松学園の海外研修プログラムについては → こちら

<Listening & Speaking>
LS ED
中学3年間、日本人とネイティブのティーム・ティーチングで行う”Listening & Speaking”の授業では、聞く・話すという能力を伸ばすことはもちろん、徐々に世界に視野を広げる工夫をしています。毎年English Dayという行事があり、中学2年生は外国人ゲストを招き、その出身国についてインタビューし、さらに調べて英語で発表します。

<Global Studies>
GS IH
世界の諸問題を英語で学ぶ本校独自の英語科科目”Global Studies”では、地球規模の問題(環境や人権、貧困など)からテーマを設定し、グループで発表します。すべて英語でプレゼンテーションを行いますが、テロップなどには日本語も用い、専門用語を使用しても伝わるように工夫しています。高校1年では”International Hour”という教科行事があり、中学のLSと同じく外国人ゲストを招き、ゲストの方の出身国について英語で学び、インタビューをします。これらのゲストの方は非英語圏から招くようにしており、英語でコミュニケーションしながらも、欧米偏重でない国際感覚を身につけることもできます。

<国際交流部>
IE
本校の国際交流部は、毎年20カ国以上のゲストと交流し、互いの文化を学びます。写真はMIFA国際交流フェスティバルにおいてフェアトレードチョコレート及び、本校の政治経済の「商品開発授業」からうまれた亀屋万年堂様の「ドライフルーツ大福」を販売している様子です。

<インドネシア留学生受け入れ>
IN
毎年4月に約1週間の日程で、インドネシアのRaffles International Christian Schoolより短期留学生を受け入れています。同時にホームステイも受け入れており、お互いの文化をよく知るきっかけとなっています。