中学校適性検査型入試について

トキワ松学園中学校は、2014年より適性検査型入試を導入しています。適性検査は、おもに公立中高一貫校の受験を考えている方向けの入試ですが、「考える力」を問う入試問題の内容が、本校の育てたい力のひとつである「調べ、考え、表現できる力」と合致しているため本校でも導入しています。

本校の適性検査型入試の問題は、資料を読んで500~600字で自分の意見を作文する「適性検査1」と、規則性や組み合わせなどの問題で思考力を問う「適性検査2」で構成されています。

適性検査型入試の問題につきましては、2015年度の入試問題および2016年度の出題方針を公表しておりますので、以下のリンクよりPDFファイルとなりますがご覧ください。また、適性検査型入試の体験ができる学校説明会(12月23日14:00~16:00)、および資料請求のためのリンクも設置しますので、どうぞご利用ください。

・2016年度適性検査型入試 出題の基本方針
<2016tekisei_houshin>(PDFファイル)

・2015年度適性検査型入試問題(適性検査1・2)
<2015tekisei_mondai>(PDFファイル)
※適性検査1には模範解答がありません

・学校説明会の参加の申し込みは→こちらより
・資料(パンフレット、願書)のご請求は→こちらより