本校写真部がNHK「首都圏ネットワーク」の取材を受けました

 

 

ここ数年若い人たちを中心に、ミラーレスカメラなどのデジタルカメラに、何十年も前のレンズを付けて撮影することが流行っています。

7月9日(火)NHK「首都圏ネットワーク」で、このことに関する特集が放映され、本校写真部が登場しました!実は6月の部活で、昔のマニュアルレンズをデジタルカメラに装着し、「オールドレンズの撮影にチャレンジ!」という活動を行いました。今回放映されたのは、その時の様子を取材していただいたものです。

普段使うデジタルカメラではシャッターボタンを半押しすれば、自動でピントが合いますが、この時は違いました。ファインダーを覗いて自分でピントを合わせ、絞り値、シャッタースピードもすべて自分で決めます。最初は慣れない撮影スタイルに苦戦していましたが、何度も失敗を繰り返すうちに、徐々にコツがつかめてきたようです。

今回の活動で、上手く撮れた時の達成感や、オールドレンズの持つ「味」などを、少しでも感じてくれれば良いかなと思っています。また、今後の作品作りにも活かされることを期待しています。

最後に、取材だけでなく、番組で使われる様々な撮影方法なども丁寧に教えてくださった、NHKのスタッフの皆様、ありがとうございました。

<NHK首都圏ネットワークの特集ページはこちらから>