読売教育賞優秀賞受賞!

保健体育科の佐藤毅先生が、第62回読売教育賞の優秀賞に輝きました。

Photo_2

保健の授業では、2000年から「生」「老」「病」「死」を通して命の大切さを生徒たちに伝えてきました。その中で、佐藤毅先生は、臓器移植について高校で約10回、3か月間集中して、毎年行っています。授業の最後に、生徒たちは臓器を提供する権利、提供しない権利、提供を受ける権利、提供を受けない権利について考えます。

Dsc_0516

生徒たちに命の尊さ、重さ、大切さを考えさせてきたことが今回の受賞につながりました。

各教科でいろいろと工夫をしてきたトキワ松学園の教育、次に注目されるのはどの授業でしょうか。