完成!!「母校創立95周年記念 わたしのトキワ松」

「母校創立95周年記念 わたしのトキワ松」が完成しました。 

            Watasinotokiwamatsuhyousi

カラー写真ページで母校の歴史を懐かしみ、本文ページで意外な歴史のかずかずを知り、充実した資料編で歴史の重みを発見できます。

B5判の大きさで、写真と本文併せて250ページ、鮮明できれいな40ページに及ぶカラー写真で、大正から平成までのトキワ松の歴史が分かります。90年前のセピア色の写真に引き込まれますよ。

今まで余り触れられなかった宮城こと子先生のページには宮城先生の文章に、戦争当時のご苦労がにじみ出ています。

現在トキワ松の教育を支えていらっしゃる先生方に執筆いただいた「教育実践の歩み」では、トキワ松のすばらしい教育の基本と実践の姿を知ることができます。

そして各方面で活躍している卒業生からのメッセージに、トキワ松の教育成果をみることができます。さらに、資料編の昭和初年の修学旅行に驚嘆することでしょう。

これらに限らず、懐かしい写真や文章に、夢を描いた青春時代に思いを馳せ皆さんそれぞれの「わたしのトキワ松」の歴史きっと巡り会えると思います。

ぜひぜひ お求め下さい。そして、トキワ松を味わって下さい。

定  価: 2000円(送料含む) 

申し込み: MIDORIKAI  NEWSに同封の水色のはがきで、お申し込み下さい。

*お支払いは、本に同封の振り込み用紙でお支払い下さい。

下記の画像をクリックすると目次の抜粋をご覧いただけます。

          Photo_3

 

みどり会 講演会 「三角錫子先生の生涯と業績」

三角錫子先生が常磐松女学校を創立して95年になります。常磐松女学校を創立してからわずか5年で先生は亡くなりました。
しかし、「真白き富士の根」の作詞を始め、その前後10年間の三角先生の業績には驚かされるものがあります。
大正初期に産児制限論をとなえ、婦人参政権についても積極的に賛成意見を発表しています。でも、まだ不確実な面も残されています。お集まりの皆さんと勉強しながら、三角錫子像に迫ろうと思います。
創立100周年に向け、みどり会では三角錫子研究を進める第一歩にしたいと思います。興味のある方、ぜひぜひお出かけ下さい。

講演者:東海林典子(1961年卒)

日時:2012年(平成24年)1月28日(土) 13:30~15:30

場所:トキワ松学園 第一会議室

会費:500円(資料代) 会費は当日徴収いたします。

申込み:MIDORIKAI NEWS同封の水色のハガキ、もしくはお電話にて承ります。

活躍しています・評価されています!トキワ松の「表現力」!!

◎めきめき力を発揮!「トキワ松の「表現力」を世界へ!!」

こちらへ→http://www2.tokiwamatsu.ac.jp/wp-content/tokilog/2011/10/post-25b8.html

◎トキワ松で鍛えた「表現力」を使って現代社会の問題に鋭く切り込む!

こちらへ→http://www2.tokiwamatsu.ac.jp/wp-content/tokilog/2011/10/post-c576.html

【プレスリリース】「子どもの読書活動優秀実践校」表彰、フリーペーパー『美登利』配布

プレスリリース
報道関係者各位

2011年11月15日

トキワ松学園中学校・高等学校(私立女子校)

① 平成23年度「子どもの読書活動優秀実践校」として文部科学大臣から表彰されました。
② 中学生女子が手作りした『選書フリーペーパー 美登利(みどり)』を有名書店にて配布中です。

■平成23年度「子どもの読書活動優秀実践校」表彰について

10月29日(土)、仙台の東北大学にて、平成23年度「子どもの読書活動優秀実践校」として、トキワ松学園が文部科学大臣から表彰されました。表彰式には本学園の司書教諭2名が参加し、表彰を受けました。
この表彰は、文部科学省が、「子どもが、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなものにしていく」ような読書推進活動をしている学校(図書館)に対して行われています。

                               Hyousyou1    Dokusyo

■トキワ松学園の図書活動について
●明るい図書室には、いつも生徒の姿があります。ただの「静かな自習室」のような図書室ではありません。
●37,000冊の蔵書、ビデオ、CD-ROMを多数揃え、さらに毎月120~200冊購入され増えていく蔵書を、授業を持たず、常に図書室にいる2名の司書教諭が管理を行い、多様な資料を教育に最大限生かすサポートをします。
●図書室をフル活用し、学年教科を問わず年間約200時間もの「探求型の授業」が行われています。
●図書室を活用した高校3年生、英語の「卒業論文」は、大学生も舌を巻くほどの完成度を誇り、現にトキワ松の卒業生からは、「大学に行って、他の友だちが資料の調べ方、発表の仕方に戸惑っているけど、私たちはトキワ松でやっていたことなので、とても楽です」という感想が聞かれます。

■『選書フリーペーパー 美登利』について
心に響いた本を広く紹介したい、と中学3年生の女子生徒が手作りで『選書フリーペーパー 美登利(みどり)』を発行し、有隣堂さんなど有名書店のご協力のもと、配布していただいております。
●編集からデザイン、印刷、配布まで、すべて中学3年生の編集長のもと、女子中高生の図書委員が担当しています。
●発行サイクルは3ヵ月に1回(年に4回)です。
●有隣堂さん(伊勢佐木町本店、横浜駅西口ザ・ダイヤモンド店)など、有名書店にて配布中です。

                         Midori0          Midori1

文部科学大臣表彰が行われました!・・・図書室を中心とした教育が高く評価されました。

10月29日(土)、仙台の東北大学にて、平成23年度「子どもの読書活動優秀実践校」として、トキワ松学園が文部科学大臣から表彰されました。

震災の影響で延び延びになっていた表彰式に本学園の司書教諭に名が参加し、表彰を受けました。

この表彰は、文部科学省が、「子どもが、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなものにしていく・・・」ような読書を推進している活動をしている学校(図書館)に対して行われています。

Tosyohyousyou2  Hyousyou1

長年、プレゼンテーションを磨く拠点として様々な活動してきたことが、このたび高く評価されたようです。

図書室の主な教育活動に関しては、以下をクリックして本校のHPで少しご覧いただけます。

図書室の教育 ←こちらをクリック

興味をもたれた方は、ぜひ一度見学にいらしてください。お待ちしています。

Dokusyo  Konohonnkariru5

「MIDORIKAI NEWS №17-秋-」発行します

「MIDORIKAI NEWS №17-秋-」を2011年11月22日(創立記念日!)に発行します。

3月の震災の影響で、№16 春号は学園内で印刷した手作りでしたが、今号は、以前と同じ形で皆様のお手元にお届けします。

「NEWS」の発送作業を12月1日(木)午前10時半から行います。ぜひお手伝いをお願い致します。

卒業生を訪ねて・・・美術系

武蔵野美術大学へと進学した卒業生へのインタビュー記事です。

トキワ松学園での美術教育や進路指導のことをおわかりいただけると思います。

ぜひご覧ください。   

美術系大学進学者インタビューはここをクリック

理系大学進学者インタビューはこちらをクリック

文系大学進学者インタビュー(図書室のことが分かります)はこちらをクリック

文系大学進学者インタビュー(英語教育のことが分かります)はこちらをクリック